和歌山のイメージについて

和歌山というとどんなイメージをもつでしょうか?人によってはミカンや梅干、白浜やアドベンチャーワールド、熊野古道を思い浮かべる人もいているかもしれませんね。

和歌山の場所は関西に住んでいる人ならわかるとおもいますが、関西以外に住んでいる人にとっては、和歌山がどのあたりにあるのかハッキリとわかる人って実はあんまりいなかったりします。和歌山は観光地としてもいろいろと有名な名所があるのですが、他の観光地と比較するとあまりインパクトがないのか、和歌山の観光地といえばココというものがすぐに出てくる人が少ないのも事実だと思います。実は和歌山という地域は、大きく分けて二つの地域にわかれるのです。

和歌山の北側の地域を紀北といいます。紀北は大阪からも大変近いということもあり、結構大阪から訪れてくる人が多いのが特徴です。また、紀北地域に住居を構え、大阪へ仕事に行く人も多いのが特徴的な地域です。紀北は、大阪との間に山が連なっており、大阪と和歌山を行き来するためにはこの山を越える必要があるのですが、この山を境に大阪と和歌山の環境は大きくかわります。

和歌山の南側の地域を南紀といいます。南紀は観光では結構有名で、白浜やアドベンチャーワールド、熊野古道があるのも和歌山の南の地域の南紀になります。南紀は紀北と比べると、大阪から大きく離れてしまうということもあり、紀北とは違って大阪へ仕事へ行く人などはあまりいません。そのため、和歌山の方言や風習も紀北と比較すると大変濃いというのが南紀の特徴となります。

南紀はまた、ミカンも有名で有田市のミカンは全国に出荷されています。愛媛と和歌山のミカンは日本においても大変出荷量の多い地域となっており、和歌山の名産のひとつがミカンであるといっても過言ではありません。

このように、和歌山は大きく分けて、紀北と南紀の二つのエリアにわかれており、その二つのエリアによって大きく特徴が違うのが魅力的な観光地です。

尿酸値 下げる サプリ

ビデオ制作などの動画・映像制作はこちら

神奈川 相模原 レンタカー

交通事故による後遺障害でお悩みならイデア綜合法律事務所までご相談を